comelounge

手土産、歌舞伎、グルメなど

東京三大豆大福「原宿 瑞穂」の豆大福はこしあん派におすすめ。

もちが好きです。
大福が好きです。
豆大福が大好きです!

さて、先月のGWに初訪問した、東京は原宿の和菓子屋「瑞穂(みずほ)」の豆大福のレポートです。
東京で美味しい豆大福を調べると、「東京三大豆大福」というワードに辿り着きます。巷で東京三大豆大福と呼ばれているらしい3店舗はこちら。

1. 瑞穂(原宿)
2. 松島屋(白金台)
3. 群林堂(護国寺)

どこも手土産雑誌などでは常連の、売切れ・行列必至系の人気店です。いつか全制覇したいところですね。

さて、さっそく「瑞穂」の豆大福についてレポートしていきますよ。

東京三大豆大福「原宿 瑞穂(みずほ)」はどこにある?

お店は、原宿のど真ん中、明治通りとキャットストリートの間ぐらいに位置します。
東京メトロ明治神宮前駅から徒歩約5分、JR原宿駅から徒歩約7分といった距離感でしょうか。おしゃれなカフェや洋服屋が立ち並ぶ通りを歩くと、突如、渋い外観の店構えが現れます。
IMG_3982

何時ぐらいに行けば買える?

ネットで調べて予約可能という情報を見つけたので、当日伺う前にお店に電話したのですが、当日の予約は受け付けていないとのこと。
確実に買いたい人は、事前予約必須です!
私が伺ったのはゴールデンウィークの中日の平日でしたが、念のため朝10時ぐらいに行きました。その時は私以外にお客さんはおらず、店内に入ると、まだ豆大福はたくさんあって、むしろどんどん豆大福を袋詰めされているご様子。
私は豆大福を4つ購入しました。(バラで買えます!)

瑞穂の豆大福のお味は?特徴は?

さて、早々に帰宅して試食タイム!
まず包装は、こんな感じの紙袋です。
IMG_3986

よく見ると「東京原宿豆大福瑞穂」と書いていますね。
豆大福は1つ1つビニールで個包装になっています。こういうの嬉しいですね。
手土産として、1個ずつ配ったりするシーンにも最適です。
さてビニールをとると、豆大福ちゃんとご対面〜。
IMG_3991

IMG_3994

こちらの大福は、お餅厚め、豆は程よく塩気あり、餡はこしあん。
餡は思いのほか甘め。
今まで食べた中で1番甘かったかもしれない印象。
これはぜひ渋〜い緑茶と一緒にいただきたい豆大福です。
逆に、渋いお茶と一緒じゃないと、この美味しさの本領は発揮されないかもしれません!

まとめ

・東京三大豆大福の一つ「原宿 瑞穂」の豆大福は事前予約が可能。(当日予約はNG)
・平日の午前中なら割とスムーズに買える。
・特徴は餅ぶ厚め、豆は程よい塩気、餡はこしあん、結構甘いです。
・渋〜いお茶との相性は間違いなし。
・1つずつお店の名前が入ったビニールで個包装されるため、手土産に最適。

同じ豆大福でも、お店によって特徴が全然違いますね。
私は「甘すぎなくておいしい」ことが、近年のキーワードとなってきていているので、理想の豆大福に出会うべく、これからも色んなお店を開拓して行きたいと思います。